2010年04月12日

ラクトフェリンとビフィズス菌・乳酸菌の違いは

ラクトフェリンとビフィズス菌・乳酸菌の違いは

 

 ラクトフェリンとビフィズス菌・乳酸菌はどのように違うのでしょうかね?


 ラクトフェリンは、タンパク物質。ビフィズス菌や乳酸菌は体に良い影響を及ぼす善玉菌なんです。


 ラクトフェリンとビフィズス菌・乳酸菌は同時に摂取しても大丈夫かきになりますね。


 ラクトフェリンは、ビフィズス菌を増やす効果もあり同時摂取も問題ないようで、お勧めできることだそうです。


 ちなみに、ラクトフェリンはタンパク質のため、ヨーグルトに入れても菌のように増えることはないそうです。

 


 ラクトフェリンを口コミで調べてみましょう。経験者の意見が聞けますね。


 森永ラクトフェリン、ライオンラクトフェリン、DHCラクトフェリンが有名ですね。


 ラクトフェリンの効果や意味が分かってきました。


 ラクトフェリシンの効果や意味が分かってきました。


 残念ながらラクトフェリンはヨーグルトなどに入れて増えるものではないようですね。


 ラクトフェリンをダイエットで活用するには、毎日少し摂取していくのがいいのですかね?

 


≪関連記事≫

ラクトフェリシンとは
ラクトフェリンの体への影響
ラクトフェリンを摂取するには


posted by チョチョさん at 13:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラクトフェリシンとは

ラクトフェリシンとは

 

 ラクトフェリシンってなんでしょうかね?


 それは、ラクトフェリンが胃の中で分解された物質になります。


 1992年に森永乳業がラクトフェリシンを発見しました。ラクトフェリンと比較して細菌や真菌に対して数十倍から数百倍の強い抗菌活性があるそうです。


 マウスを使った実験では、ラクトフェリシンは「がん」の転移を抑える作用なども報告されています。
 


 ラクトフェリンとラクトフェリシンの効果の違いはあるのでしょうか?


 ラクトフェリンは主に細菌の活動を抑える静菌作用で、ラクトフェリシンは細菌の細胞膜に作用して殺菌することが実験で証明されているそうです。


 ラクトフェリンとラクトフェリシンどちらが重要なんでしょうかね?


 ラクトフェリンとラクトフェリシンが共同して胃や腸で様々な機能を発揮しているものと考えられているそうです。


 胃で消化を受けないとラクトフェリン本来の機能が発揮できない可能性があるそうです。

 

 ラクトフェリシンの秘密を知った感じになりましたね。ラクトフェリシンの効果などを知ることができました。


 ラクトフェリンが胃の中で分解された物質がラクトフェリシン。1992年に森永乳業がラクトフェリシンを発見。ラクトフェリンと比較して細菌や真菌に対して数十倍から数百倍の強い抗菌活性があるそうです。


 ラクトフェリシンは「がん」の転移を抑える作用なども報告されています。

 


≪関連記事≫

ラクトフェリンの体への影響
ラクトフェリンを摂取するには
ラクトフェリンをもっと知る

 

posted by チョチョさん at 13:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。