2010年05月31日

ヒアルロン酸の効果は様々

ヒアルロン酸の効果は様々
 
 
 
 80年代にヒアルロン酸を化粧品に用いる研究が始まっています。
 
 
 現在では、治療のほか、化粧品や健康食品など幅広く利用されているんです。
 
 
 人間の体にとって必要な栄養素とは、炭水化物、脂質、たんぱく質、酸素、ミネラル、ビタミンですね。エネルギー源として重要な役割を果たすのが、炭水化物に類するでんぷん、セルロース、糖分。
 
 
 糖分は体内で酸素によって分解、グルコースという多糖類に変化。
 
 このグルコースは重要なエネルギー源となり、たんぱく質や脂質といったものと結合して細胞を構成したり、様々な働きをします。糖分の一種であるのが、ヒアルロン酸です。
 
 
 ヒアルロン酸の最大の特徴は、優れた保水力。
 
 みずみずしいお肌を保つにはヒアルロン酸が不可欠、みずみずしいお肌を保ち外部からの免疫を強化、他の病気への抵抗力も高まるのですね。
 
 表皮内のヒアルロン酸は、多くが角層に存在。ヒアルロン酸は、親水性と疎水性の両方の性質をもつことから、天然の保湿成分としての働き以外に、セラミドなど細胞間脂質と共同で皮膚の機能を維持することもあるそうです。
 
 
 ヒアルロン酸は美肌だけでなく、体内のあらゆる機能を潤滑にする役割を担っています。
 
 ヒアルロン酸は、関節液と呼ばれる液体に多く存在。関節液の役割は、骨同士を滑らかに結ぶ、潤滑油のような働きです。
 
 関節液が骨のクッションとしての役割を果たしていないと、リウマチを引き起こしたり、関節が痛くなったりするんですね。
 
 ヒアルロン酸が十分に関節液に行き渡ることで、緩衝作用が働き、走ったりすることが出来るのです。
 
 ヒアルロン酸の入った化粧水、ヒアルロン酸注射などで聞いたことがある名称ですね。ヒアルロン酸にはこんな効果があったんですね。
 
 
 
≪関連記事≫
 
ヒアルロン酸とは
リバウンドの防止策を知る
リバウンドを避ける
posted by チョチョさん at 11:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは
 
 
 
 国内で医薬品として使用され始めたのは1980年代後半から、最初は変形性膝関節症の治療薬でした。
 
 80年代にヒアルロン酸を化粧品に用いる研究が始まっています。
 
 
 現在では、治療のほか、化粧品や健康食品など幅広く利用されているんです。
 
 
 人間の体にとって必要な栄養素とは、炭水化物、脂質、たんぱく質、酸素、ミネラル、ビタミンですね。
 
 エネルギー源として重要な役割を果たすのが、炭水化物に類するでんぷん、セルロース、糖分。
 
 
 糖分は体内で酸素によって分解、グルコースという多糖類に変化。
 
 このグルコースは重要なエネルギー源となり、たんぱく質や脂質といったものと結合して細胞を構成したり、様々な働きをします。
 
 糖分の一種であるのが、ヒアルロン酸です。
 
 
 ヒアルロン酸の入った化粧水、ヒアルロン酸注射などで聞いたことがある名称ですね。
 
 ヒアルロン酸にはこんな効果があったんですね。
 
 
 
≪関連記事≫
 
リバウンドの防止策を知る
リバウンドを避ける
体脂肪計を正しく使うこと
posted by チョチョさん at 11:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。