2010年09月17日

マクロビオティックを推進する団体は

マクロビオティックを推進する団体は
 
 
 
 日本では「CI協会」と「正食協会」「KIJ(クシ インスティチュートオブ ジャパン」といったところがマクロビオティックを推進している中心になっていますよ。
 
 どの団体も料理教室やレストランを経営したり本の出版や講演会などを行っています。
 
 人々の健康と幸福のためのマクロビオティックの食事や理念を広く伝えるための活動をしているんですね。
 
 
 直接は関係ありませんが、マクロビオティックには欠かせない無農薬無添加の有機食品の日本における統一基準である「有機JAS」を認定する機関として「JONA(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)」がありますよ。
 
 
 
≪関連記事≫
 
マクロビオティックの普及と啓蒙活動
マクロビオティック海外での展開
マクロビオティックの特徴
 FIGUREROBICS(フィギュアロビクス)とはチョン・ダヨンが独自に開発したエクササイズプログラム。
 
 サーキットトレーニング方式で、筋力トレーニングと有酸素運動がMIXされた独特の運動を軽快な音楽にあわせて1プログラム約30分間行うトレーニング。
 
 簡単な動きで構成されていますが、しっかり負荷がかかり強力な効果あり、魔法の運動と賛辞を受けているんですよ。
 
 有酸素プログラム編は、すっきりボディづくりをサポートするプログラム。
 
 筋トレプラグラム編は、ボックスにセットされたダンベルを使う筋力トレーニングですよ。
 
 ダンスプログラム編は、筋トレ+有酸素運動が同時にできるダンスエクササイズ。
 
 マットプログラム編は、下半身のためのマット運動をメインに、下半身のシェイプアップを強化しますよ。
 
 
 
posted by チョチョさん at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロビオティックの普及と啓蒙活動

マクロビオティックの普及と啓蒙活動

 
 
 
 マクロビオティックの普及と啓蒙活動を行っている正食協会とは?
 
 
 設立1956年、マクロビオティックの創始者である桜沢如一の意志を受けた岡田周三によって活動が始まりました。
 
 1958年、現「むすび」誌の前身「健康と平和」を創刊。
 
 以来半世紀、一貫してマクロビオティックの普及と啓蒙活動に努めているようです。
 
 
 現在は、月刊誌「むすび」やマクロビオティック関連書籍の発行。
 
 玄米菜食を中心とした正食クッキングスクールの運営。
 
 各種セミナーや講座の開催です。
 
 
 
≪関連記事≫
 
マクロビオティック海外での展開
マクロビオティックの特徴
マクロビオティックの語源

 FIGUREROBICS(フィギュアロビクス)とはチョン・ダヨンが独自に開発したエクササイズプログラム。
 
 サーキットトレーニング方式で、筋力トレーニングと有酸素運動がMIXされた独特の運動を軽快な音楽にあわせて1プログラム約30分間行うトレーニング。
 
 簡単な動きで構成されていますが、しっかり負荷がかかり強力な効果あり、魔法の運動と賛辞を受けているんですよ。
 
 有酸素プログラム編は、すっきりボディづくりをサポートするプログラム。
 
 筋トレプラグラム編は、ボックスにセットされたダンベルを使う筋力トレーニングですよ。
 
 ダンスプログラム編は、筋トレ+有酸素運動が同時にできるダンスエクササイズ。
 
 マットプログラム編は、下半身のためのマット運動をメインに、下半身のシェイプアップを強化しますよ。
 
 
 
posted by チョチョさん at 22:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。