2010年12月06日

いろんな肥満があります

いろんな肥満があります
 
 
 
 腹部肥満(中心性肥満)というものがあります。
 
 これは腹囲によって診断、その診断基準が世界的に混乱しているようです。
 
 
 2007年6月に、アメリカ糖尿病学会、アメリカ栄養学会、北米肥満学会は、共同声明を発表。
 
 現時点腹囲の基準値はすべて、科学的根拠が不十分である。
 
 今後確立される科学的基準値は人種別、性別、年齢別、肥満度別の非常に複雑なものになるであろうと指摘しました。
 
 
 人は様々な人種、性別、年齢など、条件がみな違いますから、基準というのは難しいものかもしれませんね。
 
 
 この肥満というキーワードからいろいろなことを考えます。
 
 人には個体差があり、基準もペースも違います。
 
 
 自分のベストの体重やサイズを知るということが必要ですね。
 
 調べるには基準となるものを参考にするのもいいでしょう。
 
 精神的にもベストな状態を感じ取り、それを基準にするのもいいかもしれません。
 
 
 肥満の基準、奥が深いですね。
 
 
 
即納中★【ショウガール】生姜ダイエットに!今大ブームの 「しょうが」!ショウガの王様と言われる「金時生姜」で冬でもメラメラダイエット!【美容と健康なら「らく楽気分」ショップ】即納中★【ショウガール】生姜ダイエットに...
2,079円
金時生姜パワーで体を芯から温めてぽっこりブヨブヨ対策!

Ads by 電脳卸
posted by チョチョさん at 14:20| 肥満の秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活習慣病とは

生活習慣病とは
 
 
 
 生活習慣病とは、かつて成人病と呼ばれ、20代から30代の人々の間で多くなっています。
 
 いわゆる「食生活の欧米化」や、運動不足、タバコの煙が強く関連しているといわれていますね。
 
 
 食生活では、炭水化物の摂取量減少、それを埋め合わせるための動物性食品。
 
 脂っこく甘い菓子や甘い飲料の消費量の増加が原因とされています。
 
 カロリーの高いお菓子などはなぜこんなにも美味しいのでしょうね・・
 
 
 また塩分の摂取過剰、野菜の摂取不足なども原因とされています。
 
 この食生活の状況を改善することを目的として、「食生活指針」や「食事バランスガイド」などが策定されています。
 
 
 塩分などは気にせず食事をしていると、相当な量を摂取してしまいますね。
 
 醤油や塩をたっぷりつけて食べるのが好きな人は注意が必要ですね。
 
 
 食生活というのは本当に大事。毎日する行動で、体の中に入れて、体をつくるんですから、当たり前のことなんですけどね。
 
 
 がんの発生の原因にも食生活が関わっているという報告もありますよ。
 
 ダイエットというのは奥が深く、それでいて結局は健康と結びつけて考えるといいものですね。
 
 
 いろんなダイエット方法がありますが、目的や自分の好みを考え、継続してダイエットできれば、健康な日々を獲得できるのでしょう。
 
 
 菜食だけでも必要な栄養は確保できると米国で発表があったそうです。
 
 栄養というのも奥が深そうですね。
 
 
 
即納中★【ショウガール】生姜ダイエットに!今大ブームの 「しょうが」!ショウガの王様と言われる「金時生姜」で冬でもメラメラダイエット!【美容と健康なら「らく楽気分」ショップ】即納中★【ショウガール】生姜ダイエットに...
2,079円
金時生姜パワーで体を芯から温めてぽっこりブヨブヨ対策!

Ads by 電脳卸
posted by チョチョさん at 11:17| 肥満の秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。